花粉症が起こるメカニズムを知っておけば防げるかも?

せきがしている女性

花粉症とは、春にかけてスギやヒノキなど植物の花粉が飛散して引き起こすアレルギー症状の事を指しており、症状があらわれる人と花粉が飛んでいても何も感じないなどその人によって異なります。
花粉は常に空気中飛散しているのに、症状が出る人と出ない人の差は一体どうしてでしょうか。

花粉症の症状が出るまでのメカニズムは、目や鼻からアレルゲンが入りリンパ球が侵入者と判断してIgE抗体を体内に作ります。
IgE抗体とは、肥満細胞と呼ばれる細胞と結合しておりアレルギーの原因物質であるアレルゲンから身体を守ってくれる機能の事を指します。
IgE抗体が作られた後、再び花粉が体内に入ると肥満細胞の表面にある抗体と結合してヒスタミンという化学物質が分泌され、くしゃみや鼻水、かゆみなどのアレルギー反応が起こります。
本来ウイルスや細菌の場合は、体内に異物が侵入してくると、無意識にそれを排除しようとする免疫力を持っています。
花粉はウイルスや細菌と違って人体にとって無害ですが、身体を守るための免疫システムが働く事によって体から出そうとするため、かゆみやくしゃみとして体外に出そうとヒスタミンを分泌するようなメカニズムがあります。

花粉によってアレルギー症状が出る人と出ない人の違いは免疫反応が関係しており、免疫抑制遺伝子と呼ばれている遺伝子によってアレルギー体質になるかが決まってきます。
花粉症を発症する前にIgE抗体の数値が高い特徴として、以前からアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質であったり肝臓疾患や関節リウマチ抱えている方などが挙げられます。
残念ながら現在ではアレルギー体質を根本的に改善する事は難しいため、症状をなくす事は難しいです。
しかし、花粉が飛散する前から治療を始めてかゆみや鼻水を防ぐ事は可能なため、初期での治療が勧められています。
また、急に発症する可能性もあるので、メカニズムを理解して予防出来るよう規則正しい日常生活を過ごしましょう。

病院での初期の治療方法として、アレルギー反応で引き起こるヒスタミンの作用を抑える薬を処方してもらい飛んでいない時期まで飲み続ける事で和らげる効果を発揮します。
日常で気を付ける事は、免疫力が低下してしまうと悪化する恐れもあるので、免疫力を維持する事が大切です。
普段から食生活や運動、睡眠不足に気を付けたりタバコなどの刺激物を控える、ストレスを溜めないように心がけましょう。

花粉が飛散している時期には、なるべく体内に侵入するのを防いだり、自宅に持ち込まないように気を付けなければいけません。
目や鼻、口から入るのでマスクや眼鏡を常時装着したり、花粉の着きにくい素材の服装を着て家に入る際には服を払うなど寄せ付けないようにするのも重要です。
完全に防ぐのは難しいかもしれませんが、早い段階から気を付けていると和らいだり予防にも繋がるので、毎年辛い思いをされている方は早めの治療をおすすめします。

関連記事
花粉症になりやすい体質って? 2020年06月22日

毎年春先になるとたくさんの花粉が飛散し始め、花粉症の症状が辛く憂鬱な気分になる方も多いのではないでしょうか。この時期になると空気中には目に見えない花粉が飛んでおり、時期が過ぎるまで居続けるためどんな場所にいようが避けられずにアレルギー反応を起こしてしまいます。しかし、中にはたくさんの花粉を浴びていて...

都会でなぜ花粉症が増えているの? 2020年06月02日

花粉と聞くとスギやヒノキなどの木が多く自然が豊かな土地の方が飛散しているイメージもありますが、調査をしてみると意外にも都会の方が花粉症で悩んでいる人の数が多いという事が分かりました。東京都でも年々暖かさと比例して飛散量も増加傾向にあり、有病率が48.8パーセント以上にもなっており、花粉症を発症する人...

ザイザルの効果とお得な買い方を教えちゃいます! 2020年05月14日

花粉症は、病院で処方される薬を飲む事でくしゃみや目のかゆみなどを和らげられ、効率的に効果が得られるので早めに受診するのが重要です。一方で、中には忙しくて時間がなかったり事情があって病院に行くのに抵抗があるけれど、症状が辛く少しでも軽減させて日常生活に支障が出ないようにしたいと考えている方も多いでしょ...

アレグラは通販で買うと早いしお得!? 2020年04月28日

花粉による症状は辛いけれどどうしても病院に行く時間がないという方もいるでしょう。しかし、処方箋してもらえる薬はその人に合ったものなので効果も早いため、病院に通った方が安心感があり自己ケアで症状を和らげるのは難しいです。そんな中、現在では病院に行けない時に通販でも花粉症を和らげる薬を買う事が出来るよう...

花粉症の適切な予防法を学びましょう 2020年04月13日

花粉は毎年飛散する時期が決まっているので、適切な予防法を行うとアレルギー症状を和らげる事が出来ます。現在では飛散する前からの初期治療が勧められており、早めに治療をするとかゆみや鼻水などを軽くしたり症状を短期間で抑えて普段の生活に支障が出ないようにします。病院での早期治療法は、飛ぶ2週間前から化学物質...